スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.02.25 Saturday
  • -
  • -
  • -

スペイン(16) El Cangrejo Loco

この日の夕食は、私の誕生日ということで、数多くあるバルセロナのレストランからあれこれ吟味してここぞという店を選び、イスラマから予約してもらっていた。お洒落な高級レストランではなく、本当に美味しくて気楽に楽しく食事ができる店ということで決めたのは、バルセロナ・オリンピックで選手村となった海沿いのエリアにあるエル・カングレホ・ロコ(El Cangrejo Loco)。クレイジーな蟹という意味の店名だ。

続きを読む >>

スペイン(15) ミロ美術館

来た道を戻って、ここは一応行っておこうと思っていたミロ美術館(Museu Fundacio Joan Miro)へ。バルセロナ出身のジョアン・ミロは、カタルーニャを代表する世界的な画家であることはいうまでもない。


スペイン(14) カタルーニャ美術館〜Oleum

ゴンドラで元の駅に戻って、丘の向こう側にあるカタルーニャ美術館(Museu Nacional d'Art de Catalunya)を目指す。モンジュイックの丘の簡単な地図は手持ちのガイドブックに載っていて、ところどころに案内図もあるのだが、起伏に富んだ丘の道は三次元に入り組んで、いくつもある庭園などに迷い込んでしまう。


スペイン(13) モンジュイック城

バルセロナ3日目。この日、38歳の誕生日を迎えた。たまたまというよりは、旅行の日程を決めるときに、スペインで誕生日を祝うという案がとても魅力的だったので、複数候補のなかからこの日程を選んだ次第である。この朝も、明るい陽を浴びビールを呑みながら、ゆっくりと朝風呂に浸かった。極上の誕生日だ。


スペイン(12) フラメンコ

スペインといえば闘牛にフラメンコ。闘牛はタイミングが合わなければ見るのは難しそうだが、フラメンコならば大抵の都市では見られるはずだから、本場のフラメンコを見ずしてスペインを去ることはできない。というわけで早速この日に思い立って、ショーを予約した。大きなフラメンコ・レストランもあるが、ステージのすぐ近くで臨場感あふれるショーが見られるのは小規模のタブラオ。今回訪れたのは、ラ・フォンダから程近いランブラス通り沿いにあるコルドベス(Cordobes)という店だ。


スペイン(11) La Fonda

ホテルに戻ってひと休みしてから再び出かけたのは、旧市街の、ランブラス通りから少し奥の路地へ入ったところにあるレストラン、ラ・フォンダ(La Fonda)。安くて美味しい地中海料理が食べられると評判の店で、予約不可ということでディナーの開店時間より少し早く着くように向かった。やや分かりにくい場所にあるが、店のある小路に入ると人だかりがしていたのですぐに分かった。


スペイン(10) バルセロナ現代美術館

サン・ジュゼップ市場から歩いて5分ほどのところにバルセロナ現代美術館(Museu d'Art Contemporani de Barcelona)がある。頭文字をとってMACBAと呼ばれるこの美術館は、各フロアにふんだんに光をとりいれるためファサードの大部分を占めるガラス窓が特徴的な、現代アートにふさわしい外観をしている。


スペイン(9) サン・ジュゼップ市場

ランブラス通り沿いにあるサン・ジュゼップ市場は、バルセロナ最大、といってもそれほど広くはなく簡単に回れる規模だが、野菜、果物から肉、魚、スパイスなどあらゆる食材が揃う。通称ラ・ボケリア(La Boqueria)といい、その歴史は13世紀に遡るが、現在の場所に公式に認められた市場としてオープンしたのは19世紀半ばのことである。朝8時頃からオープンし、大勢の人々で賑わう。


スペイン(8) カタルーニャ音楽堂

腹ごしらえも済んで落ち着いたところで、カタルーニャ音楽堂へ。世界遺産に登録されているくらいだから、クラシックな建物を想像していて、駅からすぐのところに見たとき、最初はそれが目指す音楽堂だとは気づかなかった。ガラス張りのファサードとオレンジ色の壁を組み合わせ、明るいテラスのカフェレストランのあるアプローチは、現代アートの美術館といったほうがしっくりくる感じ。


スペイン(7) カタルーニャのバル

続いてもう1つの世界遺産、カタルーニャ音楽堂(Palau Musica Catalana)を見るために、地下鉄でウルキナオナ(Urquinaona)駅へ移動。駅からすぐのところに音楽堂が見つかったが、昼どきをやや過ぎてお腹も空いてきたので、まずは腹ごしらえ。音楽堂の辺りは静かな界隈で、飲食店もそれほど多くはないが、大通りに面して雰囲気の良さそうなバルがあったので、入ってみることにする(実はカタルーニャ広場の裏手に当たり、もう少し歩けば店もたくさんあったのだが、それに気づくのはもっと後のこと)。

続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Latest Entries

Archives

Recent Comments

Categories

Facebook

Twitter

Search

Links

Banners

Feed

Weather

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM