スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.02.25 Saturday
  • -
  • -
  • -

最後のカラチ(12) China Town

タッター見学を終えてカラチに戻り、ご一緒したご夫妻のお宅(プール付きの大豪邸)にお邪魔してお茶をごちそうになった後、クリフトンにある中華料理店チャイナタウン(China Town)で遅めのランチをとった。カラチ在住の日本人にも人気の店のようだ。ちなみに、イスラマにも同名のレストランがあるが、全く関係はない(はず)。

China Town

続きを読む >>

最後のカラチ(11) タッターの文化財(3)

マクリーの丘を後にして、タッター市内にあるシャー・ジャハーン・モスクを訪れた。父と対立してこの地に逃れたシャー・ジャハーンが、保護してくれた街の人々への感謝を示して17世紀半ばに建設したモスクで、パキスタンで最も美しいモスクといわれる。

シャー・ジャハーン・モスク

シャー・ジャハーン・モスク


最後のカラチ(10) タッターの文化財(2)

マクリーの丘には他にも多くの廟があるが、多くが名称もわからない状態で、残念ながらガイドの説明もほとんど覚えていない。この界隈は2010年の大洪水で甚大な被害を被ったため、まるで廃墟のようになってしまったのかと思ったが、今回ご一緒したカラチ在住のご夫妻は、洪水以前にも訪れたことがあるそうで、その時も同じような状態だったという。モヘンジョダロと同様、たんに保存状態が悪いだけなのだ。

マクリーの丘の遺跡


最後のカラチ(9) タッターの文化財(1)

カラチ滞在最終日、世界遺産に登録されているタッターの文化財を見に出かけた。タッターは14世紀からシンド地域の首府となり、16〜18世紀にムガル帝国の支配下でインダス川のデルタ地帯として栄えたが、インダス川の枯渇とともに衰退した。現在は人口22万人程度の街で、カラチから東へ100kmほどの距離にある。ちなみに、パキスタン国内に6ヶ所ある世界遺産のうち、私たちが訪れたのはタッターが5つめであり、6つめのタフティ・バーイの仏教遺跡群は治安の関係で立入りが禁止されていて行く機会を得られなかったため、これが最後の世界遺産訪問となった。

タッターの文化財


最後のカラチ(8) Thyme & Tarragon

昼間ゴルフをご一緒した方々と、カラチの繁華街ザムザマ(Zamzama)にあるレストラン、タイム&タラゴン(Thyme & Tarragon)へ夕食に行った。オクラ(Okra)やポンペイ(Pompei)ほど有名ではないが、なかなかの評判と聞いていた。

Thyme & Tarragon


最後のカラチ(7) ホテルの朝食とゴルフ場のランチ

アヴァリ・ホテルはオールデイダイニングもなかなか立派で、滞在中の朝食は十分に満足のいくものだった。毎日早朝から利用していたので、女性一人でもあまり人目を気にせず食事できる半面、ちょっと寂しい感じもしたが。そしてなぜか、人が少ないなかで必ず日本人の出張者らしきグループがいて、こんなところで日本人に、と不思議な気もしたが。(たぶん向こうはもっと不思議に思っていただろう。)

アヴァリのダイニング


最後のカラチ(4) Koel Cafe

コエル(Koel)は、伝統工芸を保全しつつスタイリッシュな方法で活かすことに成功した企業で、そのナチュラルで洗練された衣類やアクセサリー、家具類はカラチやラホールの目利きに定評がある。その本店に併設されたコエル・カフェも人気で、以前から興味があったので、ゴルフ後のランチに訪れた。

Koel Cafe


最後のカラチ(3) KGCでゴルフ

いわずもがなだが旦那は仕事があるので、ヒマ人の私はひとり早起きしてゴルフへ。カラチにはいくつかゴルフ場があるが、ホテルから近くてビジターでも行きやすいのがカラチ・ゴルフ・クラブ(KGC; Karachi Golf Club)。地名にちなんでカルサズ(Karsaz)とも呼ばれ、1888年設立、125年以上の歴史をもつ老舗コースである。

Karachi Golf Club


最後のカラチ(2) Fujiyama

カラチの宿は、アヴァリ・タワーズ(Avari Towers Karachi)。アヴァリに泊まるのは今回が初めてだが、レセプションをはじめスタッフはフレンドリーで、ロビーの落ち着いた雰囲気も、フローリングの床が快適で広い部屋も、とても印象が良かった。

客室


最後のカラチ(1) Okra

カラチ訪問もこれで6度目を数えた。そしてイスラマ生活においては確実に最後の機会で、おそらくは人生最後かも。最後のカラチといって、是非にも訪れたかったのは、オクラ(Okra)だ。いわずと知れた有名店で、私の中ではパキスタンNo.1レストランだ。

Okraの店内

続きを読む >>


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Latest Entries

Archives

Recent Comments

Categories

Facebook

Twitter

Search

Links

Banners

Feed

Weather

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM